Russian 英語 French German Italian Spanish
危機への助走で航空会社?
著者の記事
危機への助走で航空会社?

危機への助走で航空会社?

 

いずれの航空会社は、複雑な多構造化された会社です。 これは、活動の多くの種類をカバーしています。 この資金と収益性の主要コンポーネントのひとつ。 おそらく、航空に関連している、一つの方法または別の、全ては、固体の資金との良好な予測が必要です。 最近の政治的なイベントのために、この「着陸」 ドブロリョートそして、ヨーロッパのキャリアのための制裁の可能性、そして報復制裁の可能性は、ロシアの航空会社の株式の減価償却費は、すべてのこれらのイベントは、その活動の財務構成要素を最適化するために、国内のキャリアを余儀なくされました。

 

危機への助走で航空会社?

 

収益性は海外便、伝統的である場合には、

最近の出来事に照らして、航空会社が支払います

国内のトラフィックにもっと注意。

 

収益性は、伝統的に外国人の便であれば、最近の出来事に照らして、航空会社は国内のトラフィックにもっと注意を払っています。 そして、重点はエコノミークラスの乗客にあります。 航空路の平均的なユーザーのために、それは明確なプラスです。 ではない、一つの方法または別では、頻繁に飛ぶために持っている人すべて、ファーストクラスやビジネスクラスをお楽しみください。 そして、それはしかし、航空会社が最終的に彼らのフライトのために乗客の質量に注意を払っていることを喜ぶことはできません。 式「少ないが、より高価な」、式へのスムーズな移行がある「小さいが、より多くの量が。」 おそらく、国際線と国内線のサービスの質の違いをぼかすために始めます。 都市やルートのキャリアの中でカバーし、不人気になる便の数を増加させる可能性が高いです。

危機への助走で航空会社? 34

UTairこれは、損失を低減するために、リストラに反映されている最初の企業の一つとなりました。 7月の終わりに会社の経営者が述べたように、再編は航空旅行の需要の減少に関連して行われ、期待される一般的な経済状況の悪化によるものです。 航空会社は、航空ネットワークを最適化することを計画しています。 メンテナンスや修理(MRO)のサービス効率、計画と自動化を改善することにより、航空機のダウンタイムを削減しました。 乗客の効率を向上させることができます。 会社の重要な方向性の一つ - 低コスト航空会社を重視。 エコノミークラスのために配置された航空機を購入するために計画されています。 そして、予算の便のための既存の機械の改修の一環として。 また、航空会社の計画に、子会社と保持の関係会社の管理、削減または深いリストラをカットバック。

すべてのこれらの活動は、市場の関心を生成できませんでした。 以来、世界の練習が示すように、このようなアクションは、事前トレーニングや主要な同盟との合併に向けて準備を連想させます。 原則として、すべてのそのようなアクションが可能なバイヤーやパートナーの条件で航空会社の構造を "フィット"するために作られています。

しかし、そのような行動は、通常の乗客の利益になるか、時間が教えてくれます。

 

具体的にするためのヴァレリー・スミルノフAvia.pro

注釈

キャプチャ
この質問はあなたが人間自動スパム投稿されているかどうかを判断することです。
.
2階